消防団入退団式

今朝は、平成30年度高浜市消防団入退団式に参列してきました。

退団者のご挨拶では、辛かった訓練も今では良い思い出となりましたとか、軽い気持ちで入った消防団だけど、街を守る誇りが持てたとか、自分の等身大で語るご挨拶に感動しました。

入団者の方々は、緊張してみえた様子でした。早く消防団に慣れて、頑張って活動して欲しいと思いました。

団長訓示では、熱い志は胸に、有事の際は詰所に詰めること、我々は必要とされています。

に、感動。

かっこよかったです。

なかなか活躍する機会はなくても、火災の際は、交通整理、台風の時は詰所に詰めていても、詰めるだけとかで。

でも、その状態は、街が安心、安全だから、喜ばないといけないと、団長は話されていて、私は、思いっきり、うんうん、とうなづいてしまいました。

消防団さん、高浜市の為に、よろしくお願いします。