朝起会 元朝式

明けましておめでとう🌅ございます。

旧年中はお世話になりました。

今年は朝起会の元朝式から、始まりました。

朝から沢山の方々が見えて、倫理の実践をしようと集たのは喜ばしいことだと思います。

元朝式で心に残ったことは、

「湖に浮かべたボートをこぐように人は後ろ向きに未来へ入っていく」

フランスの詩人、ポール・ヴァレリーの詩の一節。

後ろ向きにこぐボートは、前を見ると、進んできた風景しか目に入らない。人生も一緒で、過去や現在は見えるが、明日の景色を誰もが知らないように人は未来を見通せないし、過去にしか学べない。

昨日の自分を疑うことで成長がある。

葦のよしのずいから てんじょうを のぞくということをしていないか?

個人の狭い知識や経験をもとに、広い世界のことを論じたり、 大きな問題などを、自分の都合のいいように判断してしまうことのたとえ。

の3つ。

いつまで覚えて実践できるかな?頑張ってみます。

今年もどうぞよろしくお願い致します。