アスベスト除去工事

市役所本庁舎にアスベストが使用してあり、壊すのにあたって、除去工事が必要です。

アスベストの除去工事がどの様に行われているのかの説明を受けました。


防じんマスクで保護します。


アスベスト除去工事は防護服も着用しなければならないので、この写真では窓が開いてますが、窓を閉めた所を見ました。

アスベストが飛散しないような工事方法をとっています。


リムーバー液を塗って12時間から24時間の間にはつる作業をします。

塗るのも手作業なら、はつるのも手作業です。


見にくいですが、オレンジの色の部分がリムーバー液を塗ってある状態です。


剥がしたアスベストはこのゴミ袋に入れられます。


これがアスベストの入った産廃ゴミ。


これは煙突の中のアスベストを除去する為の防護服です。

壁のアスベスト撤去ならここまでは必要ないそうです。

アスベストが飛散しないように丁寧に作業されていました。


アスベストの含んでいる壁


まだ作業されていない壁。

これから暑くなるので、作業がさらに大変になっていきます。熱中症にならないように作業してほしいです。