中学校の授業参観と講演会

今日は、チビの中学校の授業参観でした。

“試してなるほど!”自己肯定感がアップする生活習慣づくりと学習法の講演会でした。

岐阜大学の近藤真庸(こんどうまさのぶ)先生。

 岐阜大学地域科学部 教授 (健康教育論)

《プロフィール》

1954年 愛知県生まれ。東京教育大学体育学部で健康教育学を専攻,その後,東京都立大学大学院博士課程で教育学を修める。

『エイズに関する指導の手引き』(文部省,1992年),『小学校保健指導の手引き』(文部省,1994年)の作成や小・中・高校生が学校で使用している『保健(体育)教科書』の執筆・編集にあたるとともに,ここ10数年間,全国各地の小・中・高校生や父母・教職員を対象とした性やエイズ,健康教育に関する講演を精力的に行っている。近年は教室で子どもたちに直接,自ら開発した“作品”としての授業プランによる「性の授業」「エイズの授業」などを行っている。

最近では,自ら企画・監修したCDアルバム『おもしろ健康百歌』(徳間ジャパン・全10巻)、『2001年元気の旅』(キングレコード・全9巻)に作詞,ボーカルとしても参加している。また,ファミリーコンサート活動を行ったり,エイズをテーマにしたミュージカルトーク「FRIENDS」の舞台に立ったりするなど,“いのち・健康・性”をキーワードに,幅広く活動している。

【最近の主な著書】

・『養護教諭成立史の研究-養護教諭とは何かを求めて』(大修館書店,2003年)

・『歌って,踊って,健康百歌』(明治図書,2001年)

・『〈シナリオ〉形式による保健の授業』(大修館書店,2000年)

・『はじめて学校で出会う性の授業』((財)日本性教育協会,1998年)

・『保健室の三十一文字』(星雲社,1998年)

・『保健授業づくり実践論』(大修館書店,2000年)

・『エイズ教育の進め方』((財)日本性教育協会,1996年)


大切なことは

ルーティンの話、すぐに、その場で友達とアウトプット、フィニッシュは復習、1日の終わりは、復習で終わること、眠りが大切。

食事の時間は就寝時刻の2時間前に終える。

勉強のやり方はコツがある

ということでした。

東大に入った友達S君との自分との体験談話の中で、わかりやすく中学生にも理解できるお話でした。