認知症ケアと地域共生のまちづくり

一般社団法人 愛知県介護福祉士会の主催で、認知症ケアと地域共生のまちづくりと題して講演会が開催されました。

第1部では、国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 長寿医療研修センター長の遠藤英俊先生の基調講演、テーマは「今こそ認知症を正しく理解しよう!」で、認知症という重いテーマなのに、笑いありのとても楽しい講演でした。

第2部は同先生をコメンテーターとして、コーディネーター、一般社団法人 愛知県介護福祉士会の下山久之会長。
パネリストに、昭和で元気になる会の 小西会長、

地域共生型福祉施設あっぽ、高浜市社会福祉協議会 浦島主任、

社団福祉法人 昭徳会 高浜安立荘居宅介護支援事業所 磯村管理者、

高浜市福祉部生涯現役まちづくりグループ 磯村リーダー

と、地域の中で様々な活動をされている方々です。

そんなパネルディスカッションでした。

テーマは「認知症の方への望ましいケアと地域共生のまちづくりについて」です。

認知症サポーター養成講座も兼ねての勉強会になり、オレンジ🍊リングもいただけました。

私は、持っているので、もらいませんでしたけど、たくさんの方々がおみえでした。

2025年に向けて、高齢者が多くなり、医療従事者の方、福祉従事者の方だけでは、支えることができなくなります。

地域の力が必要になってきます。

日々の交流が大切ですね。