未来の大人へエール

未来の大人って、響きは、ちょっとワクワクします。

大人になった今でも、私は、夢見る夢子ちゃん。

数字も追っていきますけどね。

そんなワクワクの詰まった未来の大人に会いました。

彼女達は、高浜市にある高校の高校生。女子ばっかりの8人チーム。SBPのメンバーです。

SBPとは、ソーシャルビジネスプロジェクトとの略です。ソーシャルビジネスとは、社会や地域の困りごとをビジネスで解決するというもの。

そんな彼女達に様々なステージを作って、伴走している高浜市と職員、地域の企業、大人達。

高浜の国宝を作る鬼士👹さん達の技術で、

高浜にあるレクサス🚘の部品🔧🔩を作る世界の技術で

高校生達のアイデアが掛け算されたら❓❓❓

どうなっていくのでしょうね。

高校生レストランの仕掛け人、岸川政之さんが、高浜高校に仕掛けたら❓

彼のスタイルは、ビジネスという手法は、真似る。

でも、その地域で0から作る。

よく、まちづくりは、他市の事例をそのまま持ってくると失敗すると言われます。

それは、1から2や3を目指すからで、0から1を作り出すことをしないからだそうです。

そんなお話を聞けたのは、ざっくばらんなカフェvol49。

前回に引き続き高浜高校生のプレゼンが素晴らしかったです。

そんな未来の大人を応援できるステージがたくさんある高浜市や、それを支える地域の大人に感動しながら、さらにそれらを応援できる人になりたいなと思った夜でした。

ソトコトの編集長 指出一正さんの視点も面白くて為になりました。