くしゃみって怖いのよ!

くしゃみで、背骨が折れたりして、寝たきりになる方も多いとか。
怖いですね。くしゃみする時の正しい姿勢は最後に。

そんなお話を聞いてきました。
それは、ここでのお話。

日時  1月31日  火曜日 午後2時

場所  知立市文化会館 花しょうぶホール

第2回 西三河市議会議員合同研修会が開催されました。

研修内容 講演 「西三河市議会議員のための健康づくり  〜トップアスリートから学ぶ〜」

講師 中京大学スポーツ科学部教授 湯浅影元氏  

とても愉快な方で、浅田真央ちゃんのトレーニングや室伏さんのお話を交え、市議として、自分や地域の方々に、こんな体操するといいですよ!というお話をしてくださいました。

オリンピックに出るような選手は、とてもハードな練習をしますが、一般の人は、なるべく歩く、座らない、事が最も有効な健康維持だそうです。

姿勢を正しくして、筋肉トレーニングは、7秒間、毎日4つくらいの運動を良いそうです。

やるといいのはわかってるけど、7秒間でも毎日続けるように習慣づけるのは難しいですね。

7秒間の運動をご紹介します。

肩と指の運動です。

まず、手を胸の高さで軽くつなぎ、左右に引っ張ります。肘も胸の高さまで上げて、7秒間です。

脚の運動です。

座った姿勢で、足を足首のところでクロスします。左右の足を前と後ろに押し合います。7秒間、必死にやってください。終わったら、左右の足を組み替えて、7秒間。

腹と腰の運動です。

座った姿勢で太ももを上にあげます。上がるところまで、最大限に上げて7秒間。

毎日やると筋肉がついてくるそうです。

100%の力を使う時は1回でいいんですって、、

筋肉を増やしたいときは、80%の力で10回します。

機敏な動きをつけるのは、座った姿勢で構わないので、早く足をダダダダダダっと足踏みします。

速筋と遅筋では、運動が違うからです。

くしゃみをすると、最大で400キロくらいの荷重がかかるので、くしゃみをする時は、膝を軽くまげ、上半身と腰を固定して、静かにするといいそうです。

くしゃみは、静かにね。